掲載件数 0 !

海外ベンチャーの最新アイデアを
110秒で楽々理解! 特許取得済

説ログ

CM動画をチェック!

たった一文
事業の本質がわかる

「説」フレームワークで

1社10秒リサーチ!

優れた事業アイデアの構築には、
すでに一定の成果を収めたスタートアップ事例の大量なインプットが極めて有効です。
説ログは、2,000件以上にのぼる海外の先進的なベンチャー事例の超高速インプットを通して
新規事業・DX担当者のイノベーション発想を強力に支援します。

説ログの思想 ABOUT SETULOG

01.

大企業における新規事業立ち上げには特有のハードルがあり、
必ずしもベンチャーのアプローチが最適解ではない。

大企業などの成熟した組織で新規事業を立ち上げるのは、想像をはるかに上回る労力を必要とします。
そこには、ベンチャー起業家が直面する困難とは全く異なるハードルが多数存在します。

アイデアをすぐに形にして(プロトタイプ開発やMVPなどと呼ばれるもの)、素早く市場に出して検証する」という起業家の中では当たり前の新規事業立ち上げアプローチは、成熟した大組織では全くと言っていいほど機能しません。

巷にあふれる情報の多くが、「ベンチャーのアプローチを取り入れろ」という論調ばかりであることに、私は強い問題意識を抱いています。というのも、そのアプローチは私が何度も挑戦し、尽く失敗してきた手法です。

実際に私が直面してきた具体的な例を挙げてみましょう...


        大企業における新規事業立ち上げには特有のハードルがあり、<br>
        必ずしもベンチャーのアプローチが最適解ではない。

        大企業における新規事業立ち上げには特有のハードルがあり、<br>
        必ずしもベンチャーのアプローチが最適解ではない。

01.

大企業における新規事業立ち上げには特有のハードルがあり、
必ずしもベンチャーのアプローチが最適解ではない。

大企業などの成熟した組織で新規事業を立ち上げるのは、想像をはるかに上回る労力を必要とします。
そこには、ベンチャー起業家が直面する困難とは全く異なるハードルが多数存在します。

アイデアをすぐに形にして(プロトタイプ開発やMVPなどと呼ばれるもの)、素早く市場に出して検証する」という起業家の中では当たり前の新規事業立ち上げアプローチは、成熟した大組織では全くと言っていいほど機能しません。

巷にあふれる情報の多くが、「ベンチャーのアプローチを取り入れろ」という論調ばかりであることに、私は強い問題意識を抱いています。というのも、そのアプローチは私が何度も挑戦し、尽く失敗してきた手法です。

実際に私が直面してきた具体的な例を挙げてみましょう...

02.

新規事業のアイデアは、ゼロから自分で考えるよりも、
海外の成功事例を「創造的に」模倣する方が、効率的に良いものが生み出せる。

ベンチャー起業において、「アイデア」よりも「実行」の方が遥かに重要であるという話があります。実際には、初期のアイデアのまま突き進むケースは稀であり、器用な人は事業アイデアの軸足を少しずつ動かしていきます(ピヴォットと呼ばれます)。したがって、アイデア段階であれこれと思い悩むよりも、早く実行してマーケットの反応を見ながら柔軟にピヴォットしていく方が、成功への近道だ、ということになります。
この考え方は、スタートアップ起業家の中では、常識的な事業開発のステップです。

しかしながら、スタートアップ起業家と、大企業の新規事業担当者では、置かれている状況が根本的に違います。起業家流の事業開発手法は、日本的な大企業文化において殆どの場合通用しないだろう、というのが私の見解です。

「柔軟な動きができいない!これだから、うちの会社はダメなんだ」と文句をいっても、企業文化は簡単には変わりません。新規事業担当者がこの圧倒的な現実にどう向き合うべきか、順を追って考えていきましょう ...


        新規事業のアイデアは、ゼロから自分で考えるよりも、<br>
        海外の成功事例を「創造的に」模倣する方が、効率的に良いものが生み出せる。

        新規事業のアイデアは、ゼロから自分で考えるよりも、<br>
        海外の成功事例を「創造的に」模倣する方が、効率的に良いものが生み出せる。

02.

新規事業のアイデアは、ゼロから自分で考えるよりも、
海外の成功事例を「創造的に」模倣する方が、効率的に良いものが生み出せる。

ベンチャー起業において、「アイデア」よりも「実行」の方が遥かに重要であるという話があります。実際には、初期のアイデアのまま突き進むケースは稀であり、器用な人は事業アイデアの軸足を少しずつ動かしていきます(ピヴォットと呼ばれます)。したがって、アイデア段階であれこれと思い悩むよりも、早く実行してマーケットの反応を見ながら柔軟にピヴォットしていく方が、成功への近道だ、ということになります。
この考え方は、スタートアップ起業家の中では、常識的な事業開発のステップです。

しかしながら、スタートアップ起業家と、大企業の新規事業担当者では、置かれている状況が根本的に違います。起業家流の事業開発手法は、日本的な大企業文化において殆どの場合通用しないだろう、というのが私の見解です。

「柔軟な動きができいない!これだから、うちの会社はダメなんだ」と文句をいっても、企業文化は簡単には変わりません。新規事業担当者がこの圧倒的な現実にどう向き合うべきか、順を追って考えていきましょう ...

03.

新規事業のアイデアは、何枚もの資料で説明するよりも、
「説」形式のたった一文で表現するほうが、事業の本質が明確になる。

新規事業開発のステップを最もシンプルな形で表現すると、
・新規事業アイデアを出して、
・それを実行・具現化する、
という2ステップとなります。

新規事業・DX担当者が最初にぶち当たる壁は、「一体何をするか」という具体的な新規事業アイデアを構想することです。スタートアップ起業家の世界では、「アイデア」よりも「実行」に価値があると言われがちです。

しかし、成熟した大企業において取組む場合では、どちらも同じくらい大事である、というのが私の主張です。
本稿では、検証する価値のある新規事業アイデアを効率的なフレームワークについて重点的に解説いたします。

いきなりですが、以下の5つの文章の中で「アイデア」と呼べるものは何番でしょうか? ...


        新規事業のアイデアは、何枚もの資料で説明するよりも、<br>
        「説」形式のたった一文で表現するほうが、事業の本質が明確になる。

        新規事業のアイデアは、何枚もの資料で説明するよりも、<br>
        「説」形式のたった一文で表現するほうが、事業の本質が明確になる。

03.

新規事業のアイデアは、何枚もの資料で説明するよりも、
「説」形式のたった一文で表現するほうが、事業の本質が明確になる。

新規事業開発のステップを最もシンプルな形で表現すると、
・新規事業アイデアを出して、
・それを実行・具現化する、
という2ステップとなります。

新規事業・DX担当者が最初にぶち当たる壁は、「一体何をするか」という具体的な新規事業アイデアを構想することです。スタートアップ起業家の世界では、「アイデア」よりも「実行」に価値があると言われがちです。

しかし、成熟した大企業において取組む場合では、どちらも同じくらい大事である、というのが私の主張です。
本稿では、検証する価値のある新規事業アイデアを効率的なフレームワークについて重点的に解説いたします。

いきなりですが、以下の5つの文章の中で「アイデア」と呼べるものは何番でしょうか? ...

04.

ビジネスのトレンドは、専門家の見解を参考にするよりも、
海外の成功事例を大量に読み込んで把握する方が、
正確で鮮度の高いトレンドを掴める。

新規事業を成功させるには、ビジネストレンド(時代の流れ)の変動に合った新規事業アイデアにチャレンジすることが必須条件です。

どんなに素晴らしい新規事業アイデアでも、タイミングがズレるとうまくはいきません。遅すぎるのはダメですが、早過ぎてもダメ、というのがこの問題を非常に難しくしています。

それでは、あなたは日頃、ビジネストレンドをどのように把握しているでしょうか。
ビジネストレンドを見極めることについては、その重要性を見聞きすることはあっても、実際にどうやるのかを聞くことはめったにありません。
「結局はセンスだ!」「考えるな!感じるんだ!」と言われたとしても、全くもって再現性がありません。...


        ビジネスのトレンドは、専門家の見解を参考にするよりも、<br>
        海外の成功事例を大量に読み込んで把握する方が、<br>
        正確で鮮度の高いトレンドを掴める。

        ビジネスのトレンドは、専門家の見解を参考にするよりも、<br>
        海外の成功事例を大量に読み込んで把握する方が、<br>
        正確で鮮度の高いトレンドを掴める。

04.

ビジネスのトレンドは、専門家の見解を参考にするよりも、
海外の成功事例を大量に読み込んで把握する方が、
正確で鮮度の高いトレンドを掴める。

新規事業を成功させるには、ビジネストレンド(時代の流れ)の変動に合った新規事業アイデアにチャレンジすることが必須条件です。

どんなに素晴らしい新規事業アイデアでも、タイミングがズレるとうまくはいきません。遅すぎるのはダメですが、早過ぎてもダメ、というのがこの問題を非常に難しくしています。

それでは、あなたは日頃、ビジネストレンドをどのように把握しているでしょうか。
ビジネストレンドを見極めることについては、その重要性を見聞きすることはあっても、実際にどうやるのかを聞くことはめったにありません。
「結局はセンスだ!」「考えるな!感じるんだ!」と言われたとしても、全くもって再現性がありません。...

利用者の声 USER'S VOICE
料金表 PRICE

Free

Lite

Premium

Enterprise

月額利用料
0
2,980
9,800
¥ ASK

(10アカウント〜)

より
閲覧可能
コンテンツ数
最新の
50
最新の 0
見放題

0

見放題

0

更新頻度
-
毎日 0 件更新
(平日のみ/月間約200件)
SCROLL