新規事業・BPR・DXにおけるAPIとは?

APIとは「アプリケーション・プログラミング・インターフェース」を略したもので、ソフトウェアやアプリケーションなどの一部を公開し、他のソフトウェアの機能を利用するための仕組みです。外部と連携できる状態にすることを「APIを公開する」といい、ソフトウェア同士をつなげることで機能性が高まり、利便性も向上します。 また、APIを利用すると、別のソフトウェアから使いたい機能を簡単に呼び出すことが可能になるため、独自にプログラミングをする必要がなく、アプリケーション開発を効率化・省力化できます。

Point.1 公開する側と利用する側、双方にメリット

APIには、「公開する側」と「利用する側」の双方に取り組むメリットがあります。公開する側のメリットとしては、自社のデータやサービスを流通させることで収益やシェアを拡大することができます。利用する側には、顧客への迅速な価値の提供に加え、自らプログラムを構築する必要がないため、ソフトウェア開発の効率化を図ることができ、新たな価値の創出につなげることも可能となります。 さらに、セキュリティ面にもメリットがあります。例えばGoogleアカウントを利用してGoogle以外のアプリにログインできるのは、各種サービスとAPIによる連携ができているためです。自社で新たに会員登録システムを構築するより、すでにあるセキュリティレベルの高い会員システムを活用する方が効率的です。それはユーザーにとっても利便性の高いことといえます。 これらの利点が示すとおり、今や新規事業においてAPIの活用は欠かせないものとなっています。代表的な例が、金融分野におけるFinTech(フィンテック)です。フィンテックとはファイナンスとテクノロジーを組み合わせた造語で、既存の金融機関と新しい金融サービスを提供するIT企業を結び付ける革新的な取り組みです。スマートフォンを使った送金や、コンタクトレス(非接触型)決済、QRコード決済、仮想通貨などが挙げられます。APIの活用によって、ゼロからサービスを立ち上げることなく、スピーディに利便性のある新たな金融サービスが生み出されています。

Point.2 多様な分野に広がるAPIの活用

金融分野以外でもAPIの活用は進んでいます。例えば旅行業界では、ホテル予約や配車サービスをワンストップで行うサービスに利用されており、保険業界では、自動車の走行・運転データを活用することで保険料率を算定する「テレマティクス保険」が導入されています。さらに次世代の交通インフラとして注目されるMaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)の促進においても、APIは不可欠です。APIによって複数の交通手段を組み合わせた予約や支払いを一括で行うこともできるようになります。ヘルスケア分野では、個人の医療・介護・健康データであるPHR(パーソナル・ヘルス・レコード)の構築・活用において、APIが欠かせないと考えられています。これらの事例からもわかるように、APIは企業のDXや新規事業開発の実現を支える重要な要素のひとつです。APIが真価を発揮するには、コアサービスを持つ企業がAPIを公開するだけでなく、利用する企業が時代の変化に応じた環境を整備し、それを活用する流れを確立する必要があります。 APIを中核としたプラットフォームを構築し、社内外のさまざまなシステムと連携する体制を整えることにより、新たな価値を生み出し、ビジネスモデルに変革をもたらすことはもちろん、後続するプロジェクトのスピードも加速させていきます。今後多くの業界において連携できるAPIが増えていけば、世の中を便利にする新たなサービスの創出が実現していくでしょう。

API技術を活用したデジタルスタートアップ企業の最先端事例一覧をたった一文にまとめています

Tyk
APIの設計・構築・管理は、

自社の独自システムを使って行うよりも、

業務効率性が高い

更新日:2021-07-27

Incode Technologies
金融機関などにおける本人確認は、

独自の本人確認システムを構築して行うよりも、

業務効率性が高い

更新日:2021-07-19

PopSQL
SQLエディタツールは、

補助機能を保有しないツールを使うよりも、

満足度が高い

更新日:2021-07-19

Dover
人材採用は、

採用エージェント経由で一人ずつ採用するよりも、

採用の成功確率が高まる

更新日:2021-07-19

CourseKey
教育機関における学生の出席の収集や授業の進捗管理は、

講師に委ねるよりも、

利便性が高い

更新日:2021-07-19

Foxpass
企業のシステムにおけるプロトコル制御やパスワード強化といった制御は、

情報システムの担当者が各システムごとに行うよりも、

業務効率性も確実性も高い

更新日:2021-07-19

Betterfin
キャッシュフローレポートの作成は、

人が口座明細を見てエクセルで作るよりも、

業務効率性が高くスピードも早い

更新日:2021-07-19

Placenote
空間アプリの構築とデプロイは、

ゼロから自社で行うよりも、

業務効率性が高い

更新日:2021-07-19

QRails
決済の最適化は、

独自で機能を構築するよりも、

利便性が高い

更新日:2021-07-19

Automata
反復性の高いプロセスの最適化は、

人手を介して行うよりも、

投資対効果が大きい

更新日:2021-07-19

Alpha Vantage
金融市場データを利用した分析やサービス開発は、

他社データをスクレーピングしたり、自分でデータを集めるよりも、

業務効率性が高い

更新日:2021-07-19

ProtoPie
アプリやWebなどのデザインの検証は、

エンジニアにプロトタイプをつくってもらうよりも、

検証を速めてコストを下げられる

更新日:2021-07-19

Rocos
ロボット操作の構築・管理は、

独自にプログラミングを組んで行うよりも、

利便性が高い

更新日:2021-07-19

Spotio
営業の管理は、

個々の管理職のマネジメントに委ねるよりも、

生産効率が高い

更新日:2021-07-19

Forest Admin
Webアプリケーションの管理パネルの構築は、

一から独自で構築するよりも、

利便性が高い

更新日:2021-07-19

Standard Cyborg
3Dスキャンは、

専用のスキャン端末を用いて行うよりも、

利便性が高い

更新日:2021-07-19

DealHub.io
複雑な部品構成を持つ製品の提案・見積もりは、

個社毎に個別に行うよりも、

効率性が高い

更新日:2021-07-19

Lukka
暗号資産におけるバックオフィス業務は、

独自にオペレーションを構築するよりも、

投資対効果が大きい

更新日:2021-07-19

Rize
金融機関とのアプリケーションの連携は、

一からAPIを独自に構築するよりも、

利便性が高い

更新日:2021-07-19

Payrix
SaaSサービスの決済システムの導入は、

既存の決済システムと連携させるよりも、

コスト効率性が高い

更新日:2021-07-19

ForUsAll
中小企業における401Kの導入は、

自社で独自に制度構築に取り組むよりも、

利便性が高い

更新日:2021-07-19

Kloud.io
自社の必要なビジネスデータへのアクセスと分析のための統合作業は、

コーディングやクエリを活用するよりも、

利便性が高い

更新日:2021-07-19

Nextbillion.ai
到着時刻予測やルートの最適化は、

自社でシステム構築するよりも、

投資対効果が大きい

更新日:2021-07-19

Amenity Analytics
政治的および経済的問題の傾向把握は、

独自に調査をするよりも、

投資対効果が大きい

更新日:2021-07-19

Teraki
IoTアルゴリズムの構築・強化は、

自社で独自に取り組むよりも、

投資対効果が大きい

更新日:2021-07-19

Copper
暗号通貨の管理・取引は、

複数の取引所で別々に行うよりも、

利便性が高い

更新日:2021-07-19

a55
中小企業の借り入れは、

銀行に利子を支払って借入するよりも、

審査通過率が高く、かつ低金利で実現できる

更新日:2021-07-19

Paack
大規模小売業者による商品配送は、

独自に配送網を構築するよりも、

利便性が高い

更新日:2021-07-19

EMQ
クロスボーダーの金融決済は、

従来の金融機関や決済業者を活用するよりも、

ユーザーの利便性が高い

更新日:2021-07-19

Increase
中小企業におけるカード決済手数料の支払い管理は、

カードごとに管理するよりも、

利便性が高い

更新日:2021-07-19