新規事業・BPR・DXにおけるAPIとは?

APIとは「アプリケーション・プログラミング・インターフェース」を略したもので、ソフトウェアやアプリケーションなどの一部を公開し、他のソフトウェアの機能を利用するための仕組みです。外部と連携できる状態にすることを「APIを公開する」といい、ソフトウェア同士をつなげることで機能性が高まり、利便性も向上します。 また、APIを利用すると、別のソフトウェアから使いたい機能を簡単に呼び出すことが可能になるため、独自にプログラミングをする必要がなく、アプリケーション開発を効率化・省力化できます。

Point.1 公開する側と利用する側、双方にメリット

APIには、「公開する側」と「利用する側」の双方に取り組むメリットがあります。公開する側のメリットとしては、自社のデータやサービスを流通させることで収益やシェアを拡大することができます。利用する側には、顧客への迅速な価値の提供に加え、自らプログラムを構築する必要がないため、ソフトウェア開発の効率化を図ることができ、新たな価値の創出につなげることも可能となります。 さらに、セキュリティ面にもメリットがあります。例えばGoogleアカウントを利用してGoogle以外のアプリにログインできるのは、各種サービスとAPIによる連携ができているためです。自社で新たに会員登録システムを構築するより、すでにあるセキュリティレベルの高い会員システムを活用する方が効率的です。それはユーザーにとっても利便性の高いことといえます。 これらの利点が示すとおり、今や新規事業においてAPIの活用は欠かせないものとなっています。代表的な例が、金融分野におけるFinTech(フィンテック)です。フィンテックとはファイナンスとテクノロジーを組み合わせた造語で、既存の金融機関と新しい金融サービスを提供するIT企業を結び付ける革新的な取り組みです。スマートフォンを使った送金や、コンタクトレス(非接触型)決済、QRコード決済、仮想通貨などが挙げられます。APIの活用によって、ゼロからサービスを立ち上げることなく、スピーディに利便性のある新たな金融サービスが生み出されています。

Point.2 多様な分野に広がるAPIの活用

金融分野以外でもAPIの活用は進んでいます。例えば旅行業界では、ホテル予約や配車サービスをワンストップで行うサービスに利用されており、保険業界では、自動車の走行・運転データを活用することで保険料率を算定する「テレマティクス保険」が導入されています。さらに次世代の交通インフラとして注目されるMaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)の促進においても、APIは不可欠です。APIによって複数の交通手段を組み合わせた予約や支払いを一括で行うこともできるようになります。ヘルスケア分野では、個人の医療・介護・健康データであるPHR(パーソナル・ヘルス・レコード)の構築・活用において、APIが欠かせないと考えられています。これらの事例からもわかるように、APIは企業のDXや新規事業開発の実現を支える重要な要素のひとつです。APIが真価を発揮するには、コアサービスを持つ企業がAPIを公開するだけでなく、利用する企業が時代の変化に応じた環境を整備し、それを活用する流れを確立する必要があります。 APIを中核としたプラットフォームを構築し、社内外のさまざまなシステムと連携する体制を整えることにより、新たな価値を生み出し、ビジネスモデルに変革をもたらすことはもちろん、後続するプロジェクトのスピードも加速させていきます。今後多くの業界において連携できるAPIが増えていけば、世の中を便利にする新たなサービスの創出が実現していくでしょう。

API技術を活用したデジタルスタートアップ企業の最先端事例一覧をたった一文にまとめています

Lane
テナントの管理やオフィスの入退室管理などオフィスビルに関連する各種業務は、

各アプリケーションを必要に応じて導入して実施するよりも、

利便性が高い

更新日:2021-10-27

Certn
顧客の身辺調査は、

各社が独自の方法論で確認するよりも、

効率性が高い

更新日:2021-10-26

Privacy Tools
GDPRなどの個人情報保護規程への遵守は、

対応したシステムを個別に構築・保守するよりも、

業務効率性が高い

更新日:2021-10-25

PayKey
銀行のコンシューマ向けアプリ構築は、

銀行独自で行うよりも、

業務効率性が高い

更新日:2021-10-25

Easyship
ECサイトにおける配送システム構築は、

自前で行うよりも、

業務効率性が高い

更新日:2021-10-25

Orderful
企業間取引における諸業務(発注書送付や出荷通知など)は、

紙やメールを利用して行うよりも、

生産性が高い

更新日:2021-10-25

CANDY HOUSE, Inc.
外出時の必需品(携帯電話・財布・鍵)は、

それぞれ個別に持つよりも、

利便性が高い

更新日:2021-10-25

BreezoMeter
人々の健康増進は、

摂取するものや運動に気をつけさせるよりも、

費用対効果が大きい

更新日:2021-10-25

Bond - The Post Purchase Company
EC業者の配送サービス構築は、

企業独自で設計して運用するよりも、

業務効率性が高い

更新日:2021-10-25

Mobalytics
eスポーツにおけるトレーニングは、

プレイヤー自身の感覚や分析に頼るよりも、

効果が大きい

更新日:2021-10-25

Apester
デジタルコンテンツの提供は、

提供企業が一方通行的にコンテンツを決めるよりも、

エンゲージメントが高まる

更新日:2021-10-25

Dropoff, Inc.
BtoB向けの配送オペレーション構築は、

独自で作り込むよりも、

業務効率性が高い

更新日:2021-10-25

Codat
中小企業のローンや保険商品申し込みは、

都度申込書類を作成するよりも、

業務効率性が高い

更新日:2021-10-25

ShipMonk
中小企業のEC業務は、

自前で受注管理および配送対応をするよりも、

業務効率性が高い

更新日:2021-10-25

Wizata
製造業などの生産プロセス改善は、

各企業で現場最適化をしたりデータ分析を行うソフトウェアを構築するよりも、

費用対効果が大きい

更新日:2021-10-25

Freedom Robotics
ロボットの制御および監視は、

ロボット製造会社が独自でソフトウェアを設計開発よりも、

業務効率性が高い

更新日:2021-10-25

Synapse
銀行などの金融機関の法人向けAPI利用は、

それぞれの金融機関の独自の規格やインターフェースに個別に対応するよりも、

生産性が高い

更新日:2021-10-25

Routable
B2Bの掛け決済処理は、

請求書の授受や銀行振り込みなどをそれぞれ人力で行うよりも、

業務効率性が高い

更新日:2021-10-25

Checkbook
小切手による支払は、

紙の小切手を利用するよりも、

利便性が高い

更新日:2021-10-25

Flatfile
WEBアプリケーションへのファイルアップロード機能実装は、

アプリ開発者が自前で準備するよりも、

生産性が高い

更新日:2021-10-25

strongDM
企業内で利用する複数のWEBサービスのパスワード管理は、

それぞれのサービスごとに個別に管理するよりも、

業務効率性が高い

更新日:2021-10-25

Stream.io Inc
アプリ内のメッセージング機能は、

アプリ開発会社が自社で独自構築するよりも、

生産性が高い

更新日:2021-10-25

Fenris
保険の見積もりは、

電話で多くの質問をしたりWEBで大量のフォームに入力させたりするよりも、

成約率が高まる

更新日:2021-10-25

UnifyID
デジタルデバイスやアカウントの個人認証は、

指紋やパスワードなど、単一の情報を用いるよりも、

安全性が高い

更新日:2021-10-25

AskNicely
口コミ投稿のプロモーション施策は、

顧客にランダムに送るよりも、

費用対効果が大きい

更新日:2021-10-25

Online Check Writer
小切手の作成と送付は、

紙で小切手を作成し、郵便で送るよりも、

業務効率性が高い

更新日:2021-10-25

Netdata
サーバーやアプリケーションの性能監視は、

企業のインフラ担当が個別に監視体制を構築するよりも、

業務効率性が高い

更新日:2021-10-25

SIMBA Chain
スマートコントラクト機能を搭載したアプリの構築は、

一から自社で作るよりも、

業務効率性が高い

更新日:2021-10-25

Slik
リード獲得用のメールアドレスの取得は、

メールリスト会社からリストを購入するよりも、

信頼性が高い

更新日:2021-10-25

Lang API
WEBサービスの多言語対応は、

自社で翻訳して対応言語分のコーディングを行うよりも、

業務効率性が高い

更新日:2021-10-25