新規事業・BPR・DXにおける自動運転とは?

自動運転は、ドライバーによる認知や予測、判断、制御に関する各能力をAIが代替することで実現します。 車両に搭載されたカメラやセンサーが「目」の役割を担い、取得した画像データから他の車両や歩行者などを認識し、AIが「脳」となり制御を判断します。 Autonomous(自動運転化)の考えに基づき、搭載される技術によってレベル0〜5に分けられ、徐々に高度な自動運転車の開発と実用をめざしています。 国土交通省では高速道路での自動運転可能車の市場化、過疎地等での無人自動運転移動サービスをめざしており、2025年を目処に高速道路での完全自動運転の実現を目標としています。

Point.1 自動車業界のデジタル化が急加速

自動車業界は今、「100年に一度の大変革時代」と言われています。デジタル化が急速に進む現在、自動運転への期待は今後一層高まることが予想されます。自動運転車の普及が進むことで、車両スピードの調節やヒューマンエラーを最小限に抑えることができ、事故や渋滞などを抑制できます。 自動車業界でもDXへの取り組みが急速に進んでおり、大きくは「CASE」と「MaaS」の2つが挙げられます。 「CASE」とは、Connected、Autonomous、Shared & Service、Electricの頭文字で構成され、各分野で展開されるイノベーションによって、社会全体に変革をもたらすと考えられています。 Connectedとは自動車とIoT技術が統合し安全に寄与することです。ICT端末としての機能を持つコネクテッドカーは、通信機能を生かすことでエンターテインメントを始めとした多種多様なサービス展開をしています。Autonomousは自動運転を指し、内容は前述の通りです。Shared&Servicesは、タクシーの配車サービスやカーシェアリングなど、海外では主流となっているものが日本でも広がりつつあります。また、Electricについては、自動車の排出ガスによる環境への影響が問題視され、排ガス規制が厳しく設定される中、欧州を筆頭にEV(電気自動車)熱が高まりEV化を促進しています。日本の自動車業界でもこの流れを受け、EV車の製造が主流となりつつあります。

Point.2 地域課題の解決を見据えた「スマートモビリティ」

「MaaS」とは、Mobility as a Servicesの略で「サービスとしての移動」を意味しています。 情報通信技術を用いて、レンタカーや電車、タクシー、飛行機などの移動手段を包括的なサービスと捉え、効率的かつ利便性に優れた移動を実現しようという考え方です。多様な交通手段をシームレスに利用できることで、自家用車以外の選択肢が増え、渋滞の緩和や環境問題への貢献にもつながるとされています。 現在では、観光地やニュータウンといった地域内の交通連携など、限定された範囲の中でMaasを活用したサービスの提供が日本各地で始まっています。 また、従来の交通や移動を変える新しいテクノロジーとして「スマートモビリティ」があります。スマートモビリティの「スマート」には、人々の移動を安全で効率的なものにし、交通渋滞や大気汚染などの課題解決を期待する意味が含まれています。 経済産業省と国土交通省では、将来の自動運転社会の実現を見据え、新たなモビリティサービスの社会実装を通じた移動課題の解決および地域活性化をめざし、地域と企業の協働による意欲的な挑戦を促す新プロジェクト「スマートモビリティチャレンジ」を展開しています。 自動運転技術は、これらの新たな取り組みを支える重要な要素として期待されており、今後さらに進化が加速していくことが予想されます。

自動運転技術を活用したデジタルスタートアップ企業の最先端事例一覧をたった一文にまとめています

CARMERA
自動運転車向けの高解像度マップの提供は、

独自にマップを撮影・更新する部隊を構築するよりも、

鮮度と精度を高められる

更新日:2021-07-19

Skyways
軍用のMRE、バッテリー、医療用品の輸送は、

人が貨物機を運転して運ぶよりも、

業務効率性も安全性も高い

更新日:2021-07-19

Neolix
隔離措置エリアへの物資の配送は、

人手を介して行うよりも、

安全性が高い

更新日:2021-07-19

Algolux
自動運転の知覚部分は、

Lidarを活用するよりも、

低コストで実現できる

更新日:2021-07-19

Cepton Technologies
機械的回転方式を用いる自動運転用のLiDARは、

従来の仕組みよりも、

信頼性を高められる

更新日:2021-07-19

NAVYA
決まったルートでの人や貨物の輸送は、

人がバスやトラクター等を操作して行うよりも、

投資対効果が大きい

更新日:2021-07-19

NIO
自動運転EV車の充電は、

既存の充電ステーションを利用するよりも、

ユーザーの利便性が高い

更新日:2021-07-19

Horizon Robotics
自動運転で利用するAIプロセッサは、

標準的なものを利用するよりも、

パフォーマンス及びエネルギー効率共に優れている

更新日:2021-07-19

Argo.ai
車の運転は、

人が運転するよりも、

業務が効率化される上、安全性も高い

更新日:2021-07-19

TuSimple
長距離トラックの運転は、

人(ドライバー)が行うよりも、

コスト効率性・安全性・燃費効率いずれも優れている

更新日:2021-07-19

Daedalean
航空機の操縦は、

人が行うよりも、

安全性が高い

更新日:2021-07-19

Metawave
自動運転における他車輌や歩行者の認識は、

画像認識を用いて行うよりも、

精度が高い

更新日:2021-07-19

Vecna Robotics
倉庫におけるモノの運搬は、

人が行うよりも、

コスト効率性が高い

更新日:2021-07-19

Built Robotics
重機の運転は、

人が行うよりも、

安全性も業務効率性も高い

更新日:2021-07-19

Ghost Locomotion
自動運転は、

自動運転用の車を新たに買うよりも、

消費者にとっての費用対効果が大きい

更新日:2021-07-19

Applied Intuition
自動運転の走行試験は、

実世界で行うよりも、

コスト効率性が高い

更新日:2021-07-19

Skyryse
飛行機やヘリの運転は、

パイロットが運転するよりも、

業務効率性が高い

更新日:2021-07-19

Arbe
自動運転車の障害物検知は、

同じ周波数帯域でチャープを送信するレーダーセンサーを用いるよりも、

リアルタイムに広範囲の障害物ができ、相互干渉も回避できる

更新日:2021-07-19

FarmWise
農家の除草作業は、

除草剤を活用したり、人手を介したりするよりも、

利便性が高く、作物収量を高められる

更新日:2021-07-19

Brodmann17
自動車は、

人が運転するよりも、

安全性も高く、利便性も高い

更新日:2021-07-19

Plus.ai
トラックは、

人が運転するよりも、

費用対効果が大きい

更新日:2021-07-19

AIWAYS
自動車は、

人がガソリン車をコントロールするよりも、

環境負荷も利便性も高い

更新日:2021-07-19

Momenta
タクシーの運転は、

人が行うよりも、

より安全性が高く、人件費を削減できる

更新日:2021-07-19

AImotive
自動運転に不可欠なAI専用アクセラレータの評価ボードは、

GPU(Graphics Processing Unit)を搭載するよりも、

演算速度が高く、消費電力も少ない

更新日:2021-07-19

Karma Automotive
電気自動車の開発は、

自社で開発からテストまで全てを行うよりも、

開発にかかるコストが大幅に削減する

更新日:2021-07-19

Cognata
自動運転機能の開発に必要なトレーニングやテストは、

限定された公道やテスト場のみで行うよりも、

生産性も品質も高い

更新日:2021-07-19

Owl Cameras
自動車の運転記録は、

ただ録画するドライブレコーダーを使うよりも、

安全性高い

更新日:2021-07-19

Phantom Auto
自動車の無人運転は、

コンピュータで制御をして自動運転をするよりも、

安全性高い

更新日:2021-07-19

Innoviz Technologies
自動運転の障害物検知は、

電波を用いたレーダーを利用するよりも、

正確な検出ができる

更新日:2021-07-19

Ike
自動運転技術の実用化に向けた開発は、

乗用車での実用化を優先するよりも、

開発リソースを効率的に活用できる

更新日:2021-07-19