新規事業・BPR・DXにおけるクラウドとは?

クラウドは英語で雲や集団などを意味し、インターネットなどのネットワークを通じてクラウド上のサービスを提供する形態を「クラウドコンピューティング」といいます。 これまでハードウェアの購入やソフトウェアのインストールを行う必要があったサービスも、クラウドによってそれらの手間なく、利用が可能になりました。これが「クラウドサービス」です。 サービス提供者がデータセンターなどに多数のサーバーや通信機器を用意、利用者は操作画面やデータにアクセスして使用します。ネット環境さえあれば時間や場所を問わず、さまざまな端末から利用できることが、クラウドの大きな特色です。

Point.1 クラウドでスピーディに新しいインフラを構築

企業のDX化やBPRにおいても、クラウドの活用は拡大しています。DXに欠かせないデータの収集・分析・管理を担う情報システムの稼働に必要なインフラ構築をクラウドで行うことで、初期投資が抑えられるだけでなく、スピーディな構築や保守管理の負担が軽減されるなどのメリットがあります。 クラウドは大きく3タイプに分けられ、企業によって導入のタイプはさまざまです。不特定多数のユーザーが使えるオープンなクラウド環境は「パブリッククラウド」といい、開発にかかるコストを抑え、サーバーの保守管理負担を軽減したい場合などに適しています。セキュリティ面に不安があるなら、「プライベートクラウド」という選択肢もあります。これは、企業や組織が自社内でクラウド環境を構築し、社員や関係者だけがアクセスできます。また両者を組み合わせた「ハイブリッドクラウド」という手法もあります。基本的にはパブリッククラウドでデータを管理しながら、高いセキュリティが求められるデータのみプライベートクラウドで管理する、といった使い分けが可能です。 クラウドによるインフラ構築では、既存システムをすべてなくしてしまうのではなく、蓄積したデータなどの「資産」を新しい利用環境でも活用しながら、データの特性や要件にあわせて柔軟に構成できます。さらに特定のソフトにとらわれず戦略上の選択肢が広がるという利点もあります。

Point.2 あらゆる分野・業界で進むクラウド化

さまざまな分野・業界でクラウドが注目されています。製造業では、課題のひとつに現場のノウハウのデータ化があります。これまで現場のサーバーや個人のパソコン内にとどまっていたデータをクラウド上で結び付けて活用し、より大きな価値が生み出されています。またサプライチェーンマネジメントにおいても、需要変化に対応する調整や在庫最適化が求められており、これからは関係企業とクラウド上でデータ連携することが欠かせないと考えられています。 セキュリティの観点から難しいとされてきた金融業界でも、クラウド化には高い関心が寄せられています。例えば、金融機関の社員がテレワークをする際、社外から自社サーバーにアクセスできない不自由さを解消するため、データの保存先を自社サーバーとクラウドで使い分けています。内勤とテレワークの社員で担当業務を分け、自社サーバーには機密情報を、クラウドには顧客に関係しないテレワークに必要な情報のみを保存し、情報管理をすることによって業務の効率化が図られます。 医療業界でも、地域医療連携を実現するためクラウドが活用されています。医療機関・訪問看護師・介護士などがタブレットを使ってクラウド上で情報共有し、医療や介護の円滑化が図られています。また、医療機関や薬局が連携して地域の患者の情報を正確に把握することで、医療の質を向上する取り組みも始まっています。 この他にも、多くの業界や企業でクラウドが活用されています。システム環境を整備し、柔軟かつ効率的なデータ活用によってDXの推進はさらに加速されていくでしょう。

クラウド技術を活用したデジタルスタートアップ企業の最先端事例一覧をたった一文にまとめています

SHIFT
会社のチーム作りは、

研修会社にリーダーシップやチームビルディングの研修をしてもらうよりも、

チームが活性化しやすい

更新日:2021-07-27

Aavenir
企業における支払業務は、

契約書や請求書を人がシステムにインプットし、必要なワークフローを手動で回すよりも、

業務効率性が高い

更新日:2021-07-27

Tyk
APIの設計・構築・管理は、

自社の独自システムを使って行うよりも、

業務効率性が高い

更新日:2021-07-27

Cerebro Capital
企業のローンは、

特定の金融機関から借りるよりも、

満足度が高い

更新日:2021-07-27

Pollinate Networks
銀行における中小企業支援は、

紙やデータで決算報告書等をやりとりし、電話や訪問をして施策を提案するよりも、

業務効率性が高い

更新日:2021-07-27

Usercentrics
マーケティング時に必要なユーザーからの同意取得・管理は、

自社でGDPRや法律を調べて同意取得を行うよりも、

リスクが低い上業務効率性が高い

更新日:2021-07-27

tealbook
企業の調達部門におけるサプライヤの管理は、

サプライヤに情報を問い合わせたり、信頼性の低い第三者の情報を元に行うよりも、

業務効率性が高い

更新日:2021-07-27

Agora
電気工事における資材の購入と管理は、

業者に電話して納品してもらい、請求書を元に手動で支払や会計処理を行うよりも、

業務効率性が高い

更新日:2021-07-27

Lanes & PLanes GmbH
出張時に必要な予約や経費精算は、

予約と経費精算を別々のツールで行うよりも、

業務効率性が高い

更新日:2021-07-27

LearnPlatform
EdTechツールの利用は、

様々なEdTechツールをバラバラに利用するよりも、

業務効率性が高い

更新日:2021-07-27

Plate IQ
カードや請求書と行った企業の支払管理は、

バラバラのツールを使って行うよりも、

業務効率性が高い

更新日:2021-07-27

Yac
チームメンバーとのコミュニケーションは、

リアルタイムの会議で行うよりも、

業務効率性が高い

更新日:2021-07-19

Lavanda
長期休暇中の学生寮は、

誰も住まない状態にしておくよりも、

収益性が高まる

更新日:2021-07-19

Localyze
他国で働く社員の受入に必要なビザ手配や転勤サポートは、

国ごとにバラバラの会社に依頼するよりも、

利便性が高い

更新日:2021-07-19

Flo Recruit
企業におけるオンライン採用の実行・管理は、

Zoom、採用ツールなどバラバラのツールを利用して管理するよりも、

業務効率性が高い

更新日:2021-07-19

Smartfrog
ホームセキュリティは、

監視カメラを設置するよりも、

費用対効果が大きい

更新日:2021-07-19

Foxpass
企業のシステムにおけるプロトコル制御やパスワード強化といった制御は、

情報システムの担当者が各システムごとに行うよりも、

業務効率性も確実性も高い

更新日:2021-07-19

Asayer
フロントエンドの動作テストと報告書作成は、

すべて人が行うよりも、

業務効率性が高い

更新日:2021-07-19

QRails
決済の最適化は、

独自で機能を構築するよりも、

利便性が高い

更新日:2021-07-19

OnlinePajak
税金の管理は、

独自の方法で行うよりも、

利便性が高い

更新日:2021-07-19

Buoyant
アプリケーションを構成する様々なサービス間の通信は、

アプリケーションコードを都度変更するよりも、

利便性が高い

更新日:2021-07-19

Fly.io
Node.jsにおけるEdgeサーバでの高速なレスポンスの実現は、

クラウドとの契約やロール管理が必要な従来サービスを活用するよりも、

利便性が高い

更新日:2021-07-19

r4 Technologies
既存のプロセスやITインフラの改善・補強は、

担当者のアイデア主導で行うよりも、

投資対効果が大きい

更新日:2021-07-19

Shippit
小売業者の顧客への配送と配送物追跡は、

独自に配送業者と提携して行うよりも、

費用対効果が大きい

更新日:2021-07-19

CrediFi
商業用不動産への投資・融資に対する情報収集は、

独自に調査するよりも、

費用対効果が大きい

更新日:2021-07-19

Anjuna
エンクレーブ技術の企業への導入は、

ベンダー固有のSDKを使ってアプリケーションを書き換えるアプローチを採用するよりも、

確実性も業務効率性も高い

更新日:2021-07-19

IoTium
製造業のDXは、

レガシーシステムを改修するよりも、

投資対効果が大きい

更新日:2021-07-19

Nimesa Technology
クラウドデータの管理・バックアップは、

従来のファイルベースで行うよりも、

安全性が高い

更新日:2021-07-19

FoodRazor
飲食店の請求書・発注書管理は、

紙ベースで独自に管理するよりも、

業務効率性が高い

更新日:2021-07-19

Artie
クラウドゲームの遅延問題の解消は、

ビデオをストリーミングするよりも、

費用対効果が高い

更新日:2021-07-19