ワイン用ぶどうの栽培の、収穫の生産性が高まる説 (VitiBot)


作成日:2021-08-16
更新日:2021-10-19

ワイン用ぶどうの栽培に関する最新の企画・事例をフレームワーク


に当てはめて一瞬で理解!

業務・行為・財

は、

現状の方法

よりも、

方が、

〇〇性が高い

説。

現行・既存のやり方

人が行う

新しいやり方での効果

ワイン用ぶどうの栽培への効果

収穫の生産性が高まる

関連する説
EarthSense, Inc.
農作物の栽培は、

大規模化や化学農薬などの農法に頼るよりも、

品質および経済合理性が高い

更新日:2021-10-19

DroneSeed
森林再生のための植林は、

人手で最適な場所を調査して行うよりも、

業務効率性が高い

更新日:2021-10-19

Finless Foods
食用魚介類の調達は、

漁業や養殖よりも、

経済合理的かつ持続可能性に資する

更新日:2021-10-19