ポリスチレンのリサイクルの、より高いリサイクル率が実現できる説 (Pyrowave)


作成日:2020-12-24
更新日:2021-09-13

ポリスチレンのリサイクルに関する最新の企画・事例をフレームワーク


に当てはめて一瞬で理解!

業務・行為・財

は、

現状の方法

よりも、

方が、

〇〇性が高い

説。

現行・既存のやり方

溶かしたり分解する

新しいやり方

新しいやり方

新しいやり方
新しいやり方での効果

ポリスチレンのリサイクルへの効果

より高いリサイクル率が実現できる

関連する説
Kayrros
人間活動により排出されるガスの測定は、

地上に多数のセンサーを配置して把握するよりも、

コストパフォーマンスが高い

更新日:2021-09-13

C16 Biosciences
衣類や車の燃料などに利用されるパーム油の製造は、

アブラヤシを伐採して製造するよりも、

持続可能性が高く環境に優しい

更新日:2021-09-13

BayoTech, Inc
水素の製造と輸送は、

需要のある場所から離れたところで生産し、小型トラックで何度も輸送するよりも、

コストもCO2排出量も減る

更新日:2021-09-13