広範囲にわたる農作物の灌漑や栄養管理の、効率性高い説 (Ceres Imaging)


作成日:2020-12-24
更新日:2021-09-13

広範囲にわたる農作物の灌漑や栄養管理に関する最新の企画・事例をフレームワーク


に当てはめて一瞬で理解!

業務・行為・財

は、

現状の方法

よりも、

方が、

〇〇性が高い

説。

現行・既存のやり方

目検で判断する

新しいやり方での効果

広範囲にわたる農作物の灌漑や栄養管理への効果

効率性高い

関連する説
VitiBot
ワイン用ぶどうの栽培は、

人が行うよりも、

収穫の生産性が高まる

更新日:2021-09-13

Bowery Farming
野菜は、

屋外で育てて、人が成長を見守るよりも、

農業の効率性が高い

更新日:2021-09-13

BharatAgri
農業用地の管理、畑の作物の管理は、

農家が経験に基づいて手作業で実施するよりも、

業務効率性が高い

更新日:2021-09-13