新規事業・BPR・DXにおけるブロックチェーンとは?

ブロックチェーンは日本語で「分散型台帳技術」と呼ばれ、ネットワーク内で発生した取引をブロック単位で時系列に記録する技術です。各ブロックには取引の記録とともに、一つ前に生成されたブロックの内容を示す情報(ハッシュ値)が格納されます。これにより、データの一部を改ざんしても全体の整合性を取ることが困難となります。さらにネットワーク上の取引を記録したデータを参加者が共有するという仕組みも改ざん防止に役立っています。 また、データ管理はP2Pネットワーク(ノードと呼ばれる端末が対等に直接通信する方式)が担っており、特定のサーバーや管理者を必要とせず、障害が発生してもシステムを維持できるという利点があります。

Point.1 仮想通貨を支える技術として誕生

ICTや金融業界におけるトレンドである「FinTech(フィンテック)」は、デジタル技術を活用して新たな金融ビジネスの創出をめざす取り組みです。このFinTechを実現するための技術としてブロックチェーンが注目されています。 ブロックチェーンは、仮想通貨「ビットコイン」を支える技術として誕生しました。公正な取引を記録でき、改ざん耐性が高く、システムダウンが起きない。そうした新しいインフラである仮想通貨の土台となりました。高い信頼性が求められるネットワーク上での金融取引や重要なデータの授受を可能にする「分散型体調技術」として、ブロックチェーンは金融取引以外にも幅広い分野での活用が進められています。 データの改ざんを防ぐ(変更が事実上困難である)ブロックチェーンは、企業がDX化を進めるうえでも有効活用が期待される技術です。特権的な管理者を置かずにネットワークが構築でき、異なる部署や企業間でのデータ連携もスムーズに行えるといったメリットは、電子契約などにも適しています。すでにある基幹システムと連携しながら、部署や企業を超えた共有の参照先として使うこともできます。 ブロックチェーンは、ビジネス拡大や新規事業にあわせてデジタル化を一気に加速させる可能性を持つだけでなく、業務フローの効率化を図るBPRを推進するためにも重要な技術といえます。

Point.2 幅広い業界で活用されるブロックチェーン

ブロックチェーンは、さまざまな業界で活用されています。 安全性の確保を最優先する航空業界では、従来、部品やエンジンの履歴を紙ベースで管理しているため、完全に把握することが難しく、販売やリースに際して使用できない中古品が発生していました。こうした課題に対して航空機エンジンの大手サプライヤーでは、航空機部品の追跡システムとしてブロックチェーンを導入し、システムを他社と共同利用することで、部品の照合にかける時間と手間を大幅に削減することができました。 また国際貿易の領域でも、多くの関係者とのやりとりが紙ベースで行われることが大きな課題になっています。ある海運企業では、コンピュータ企業との共同開発により、ブロックチェーンのプラットフォームを構築。デジタル化された書類を関係者たちがリアルタイムで共有できるようになり、業務の大幅な効率化を実現しました。このほかにも貿易取引におけるブロックチェーンの活用は進められており、貿易金融の電子化を実現するプラットフォームなども開発されています。 一方、地方自治体などで公的文書の管理への活用を模索する取り組みが始まっています。ブロックチェーンによる住民票や登記簿の管理を行うことで、セキュリティ面の強化と不正や改ざんの防止が可能となります。文書改ざん問題が取り沙汰される昨今、日本における公正な社会の構築に有効な技術と目されています。 今後もブロックチェーン技術は、あらゆる分野でさらなる活用が予想されます。

ブロックチェーン技術を活用したデジタルスタートアップ企業の最先端事例一覧をたった一文にまとめています

Horizon Blockchain Games
ゲーム内のアイテムの売買や利用は、

ゲームの制作会社が決めた値段・場所のみで販売するよりも、

満足度が高い

更新日:2021-07-27

Atomic Loans
担保を設定した融資契約は、

ブローカーを間に挟んで行うよりも、

安全性が高く手数料を下げられる

更新日:2021-07-19

dYdX
仮想通貨のレンディング・マージントレードは、

中央集権型金融プラットフォームを活用するよりも、

安全性が高い

更新日:2021-07-19

Curv
デジタルウォレットの管理は、

暗号の解読に秘密鍵を利用して復号する仕組みを用いるよりも、

安全性が高い

更新日:2021-07-19

BitClave
小売店によるマーケティングのためのユーザーデータ購入の対価は、

広告事業者に支払うよりも、

顧客満足度が高まる

更新日:2021-07-19

GeoDB
ユーザー個人が生成したデータのピアツーピアでの取引は、

信用取引を行うよりも、

安全性が高い

更新日:2021-07-19

StarkWare Industries Ltd.
ブロックチェーンにおける透過性とスケーラビリティの課題は、

パブリックチェーンを改善するよりも、

実現可能性が高まる

更新日:2021-07-19

Fluree
データの整合性の担保は、

データへのアクセス権を制御するなどの対策を講じるよりも、

安全性が高い

更新日:2021-07-19

SparkSwap
暗号通貨の売買は、

取引所に資産を預けて取引所を介して行うよりも、

資産を自己管理できるため、より満足度の高い取引ができる

更新日:2021-07-19

Lukka
暗号資産におけるバックオフィス業務は、

独自にオペレーションを構築するよりも、

投資対効果が大きい

更新日:2021-07-19

Status.im
メッセージのやりとりは、

中央集権型のアプリケーションを用いて行うよりも、

セキュリティ性能が高い

更新日:2021-07-19

Donut
個人資産の貯蓄は、

銀行に預けっぱなしにするよりも、

運用効率が良い

更新日:2021-07-19

Enigma
分散型アプリケーションやサービスでのセキュリティ担保は、

暗号化された情報を一度復号してから再度暗号化するよりも、

安全性が高い

更新日:2021-07-19

BlockFi
担保付ローンを組むにあたっての担保の選択肢は、

不動産のみに制限するよりも、

借り手の柔軟性が高まる

更新日:2021-07-19

Coinify
小売店での仮想通貨を用いた決済は、

一度現地通貨に換金して決済を行うよりも、

利便性が高い

更新日:2021-07-19

Zebpay
暗号通貨の取引は、

個人間で行うよりも、

安全性・利便性が高い

更新日:2021-07-19

Factom
個人情報に関連する文書の管理は、

紙やデータで管理するよりも、

改ざんや漏洩リスクを下げ、必要なときに情報を素早く取り出すことができる

更新日:2021-07-19

Copper
暗号通貨の管理・取引は、

複数の取引所で別々に行うよりも、

利便性が高い

更新日:2021-07-19

Parity Technologies
ブロックチェーンを用いたシステムの開発は、

一から構築するよりも、

効率性が高い

更新日:2021-07-19

Coinsquare
仮想通貨の売買は、

個人間で行うよりも、

より容易に取引相手を見つけられ、かつ安全性高い

更新日:2021-07-19

0x
イーサリアムのブロークチェーン上で発行されているトークン同士の交換は、

オンチェーンで行うよりも、

取引承認の時間を軽減させることで手数料を大幅に下げられる

更新日:2021-07-19

BUTTON Wallet
ビットコイン等の暗号通貨の購入や利用は、

認証に時間がかかるフィアットを利用するよりも、

利便性が高い

更新日:2021-07-19

NuCypher
ブロックチェーン上の情報保管は、

情報改ざんを防ぐためにすべてをオープンにしておくよりも、

ブロックチェーンの活用幅が広がる

更新日:2021-07-19

Ripple
決済や資金調達は、

法定通貨を利用して行うよりも、

利便性及びスピード共に優れている

更新日:2021-07-19

ZenSports
オンラインでのスポーツ賭博は、

ブックメーカーを通すよりも、

不公平感を減らし、かつ透明性を保証できる

更新日:2021-07-19

Spring Labs
クレジットカードデータの管理は、

中央集権型で行うよりも、

安全でかつ効率的である

更新日:2021-07-19

OpenSea
ゲームアイテムやデジタルアートなどのデジタル商品の売買は、

第三者を間に介して取引を行うよりも、

低コストでかつ安全性が高い

更新日:2021-07-19

Dharma Labs
イーサリアムなどの仮想通貨の売買は、

取引所に銀行口座から入出金して行うよりも、

利便性が高い

更新日:2021-07-19

Terra
仮想通貨は、

オープンなブロックチェーン上で保存するよりも、

通貨の価値が安定し、様々な決済方法として利用しやすくなる

更新日:2021-07-19

Heroic Labs
ゲームにおけるダウンタイムの防止は、

トラフィック増大に備えてサーバーを拡張し続けるよりも、

経済合理性が高い

更新日:2021-07-19