呼吸器感染の予防・治療の、ウイルス耐性の影響を受けずに効果が期待できる説 (Pneumagen)


作成日:2020-12-24
更新日:2021-09-13

呼吸器感染の予防・治療に関する最新の企画・事例をフレームワーク


に当てはめて一瞬で理解!

業務・行為・財

は、

現状の方法

よりも、

方が、

〇〇性が高い

説。

現行・既存のやり方

ウイルス自体を標的にする

新しいやり方での効果

呼吸器感染の予防・治療への効果

ウイルス耐性の影響を受けずに効果が期待できる

関連する説
Pieces Technologies
入院患者の容体や治療状況の確認は、

医師の手による定期的な診察を行うよりも、

最適な診察ができる

更新日:2021-09-17

Ro
病気の診察は、

病院で直接診察を受けるよりも、

双方の業務効率性が高く、感染リスクも抑えられる

更新日:2021-09-17

Wellthy
自宅で行う慢性疾患の継続的なケアは、

家族が独自で情報を集めて対応するよりも、

最適なケアを実現できる

更新日:2021-09-16