治療方法が未発見の、炎症・腫瘍に関する疾患の治療の、実現性が高い説 (Ashvattha Therapeutics)


作成日:2020-12-24
更新日:2021-04-05

治療方法が未発見の、炎症・腫瘍に関する疾患の治療に関する最新の企画・事例をフレームワーク


に当てはめて一瞬で理解!

業務・行為・財

は、

現状の方法

よりも、

方が、

〇〇性が高い

説。

現行・既存のやり方

従来の方法から探す

新しいやり方での効果

治療方法が未発見の、炎症・腫瘍に関する疾患の治療への効果

実現性が高い

関連する説
Compass Therapeutics
創薬は、

メカニズムまたは治療仮説の狭いセットに焦点を当てて検証するよりも、

製造可能性を高められる

更新日:2021-06-15

Synthorx
癌や自己免疫疾患の治療は、

従来の低分子医薬品を用いるよりも、

より効果的で安全かつ便利に実現できる

更新日:2021-06-07

Akoya Biosciences
免疫療法反応の予測は、

従来の免疫組織化学染色を用いるよりも、

精度が高い

更新日:2021-05-30